一戸建てのリフォームについて

ホームへ戻る >  タッチパネル用多機能ペン  > 一戸建てのリフォームについて

一戸建てにおけるリフォームには2つのタイミングがあります。ひとつは中古物件を購入した後比較的早い段階で行うケース、もうひとつは長年暮らした後に行うケース。どちらにしろ正しい知識と相応しい選択が求められます。


リフォームとは「改築」のことです。しかしこれには2つの意味があります。文字通りすでにある部分を改修し新しく生まれ変わらせる「改築」と、床面積を増す「増築」です。まずこのどちらを選択するのかを決める必要があるのです。それによって予算や計画が大きく異なってきます。

一戸建てはリフォームの自由度の高さが大きな魅力です。その一方で自由度の高さが逆に足かせになることもあります。とくに老朽化や設備の充実を目的に改築を行う場合には具体的に目的とイメージをしっかりと決めておくことが大事です。単に「最新の設備を導入したい」「おしゃれなデザインにしたい」といった漠然としたイメージではいつまで経っても決まらない恐れがあります。


それから優先順位の決定。どの部分を重視したいのか。たとえば住宅内の複数の部分にリフォームが必要だった場合にはどちらを優先するのかの選択も大事です。日常生活に直接影響を及ぼす方を優先するべきですが、予算も踏まえたうえで決定する必要も出てきます。


あとは既存の部分とのバランス。リフォームの部分だけが新しく、最新のデザインや設備が導入され、周囲の既存部分とアンバランスになってしまうことも。全体のバランスを考えた上での判断も必要です。一戸建てをリフォームする際にはこうした点を総合的に判断しながら検討するようにしましょう。