注文住宅の着工前の手続き

ホームへ戻る >  タッチパネル用多機能ペン  > 注文住宅の着工前の手続き

注文住宅を建てる前には、土地の購入や、工事を請け負ってもらう業者との間で契約を結ぶ必要があります。まず最初にしなければいけないのは、土地の売買契約です。自分のものにならなければ勝手に手を加えることはできないからです。地盤調査などもしておかないと、工事する段階になって地質改良工事を追加しないといけなくなってしまうので注意しましょう。また、重要事項説明書にはしっかりと目を通しておきましょう。所有権移転登記も忘れてはいけません。

それから、注文住宅をどの工務店に依頼するかを決めていきます。この場合は、ハウスメーカーがいいか、地元密着の工務店がいいかといった問題も出てきますが、知り合いの紹介であったり、周囲の評判であったりを参考にして決めていけばいいでしょう。当然、値段というのも大きなポイントになるので、見積もりなども参考にしなければいけません。事前に打ち合わせを繰り返すことも大切です。ほかにも設計は建築事務所が担当するケースなどもあります。


注文住宅では、依頼主の希望条件や敷地条件などから、基本設計図を先に作成します。それをベースに、さらに依頼主の希望を聞いて完成予想図を仕上げていくのです。そこで本見積書を作成します。ですから、工務店やハウスメーカーとの工事請負契約は、基本設計を作ってもらう前の段階になると考えていいでしょう。設計が決まったら建築確認申請を行わなければいけないからです。後になって変更点などがあると、再申請を行わなければいけない点にも注意しましょう。