段階別の矯正歯科の費用

ホームへ戻る >  健康診断を病院で予約  > 段階別の矯正歯科の費用

矯正歯科の治療は、自費診療(または自由診療)となります。保険は適応されず、治療費の全額が自己負担となります。矯正治療を受ける場合は、ある程度の費用を用意しておいた方がいいでしょう。とはいえ、一度に治療費総額を用意するのは簡単ではありません。その段階に応じた費用を少しずつ用意しておくのが無難な方法なのかもしれません。治療の流れに沿って、必要な金額を見ていきましょう。しかしここで紹介する金額は、あくまで目安です。自費診療の場合、医療機関ごとに自由に金額を決められるので、それぞれで費用に差があるためです。

矯正歯科では、初診、検査、治療開始、保定期間という流れで治療を行います。初診料は、3,000円~5,000円程度です。しかし、初診は無料という矯正歯科クリニックもあります。カウンセリングが無料のクリニックなら、まずは話を聞きに行くだけ、という軽い気持ちで足を運べるので行きやすいです。次に、精密検査を行います。歯型をとったり、歯のレントゲンを撮ったりします。その他、必要な検査も行います。費用は50,000円程度です。そのあと、装置を装着し、通院しながら状況を確認していきます。移動後は、後戻りしないように保定装置を装着し、通院して様子を見ます。矯正装置の装着から保定装置の装着、通院までの費用は、クリニックによってまちまちです。目安としては、歯の表側に金属の装置を付ける場合は70~100万円、歯の裏側に装置を装着する場合は、その1割増しになります。