矯正歯科のリスクについて考えよう

ホームへ戻る >  設計事務所で働きたい  > 矯正歯科のリスクについて考えよう

矯正歯科を利用することで歯並びが良くなり、さまざまな点で良い影響が出ます。しかしここで気をつけなければいけないのは、その治療にも何らかのリスクがあるということです。大事に至るようなことはそうそうありませんが、歯列矯正をする場合のリスクについて、知っておくようにしましょう。


歯列矯正は歯並びに有効な治療法ですが、やはり限界というものがあります。例えば歯列矯正に成功したとしても、後から歯並びが戻ってしまう場合があります。これは突然アゴが異常に発育してしまうことや、舌や唇を噛む癖がある場合に起こりえます。しっかり矯正したといっても、元に戻りそうなことをしていれば、それ自体が悪い方向への矯正になってしまうのです。

矯正歯科を利用しているときには、虫歯や歯周病に気をつけなければいけません。矯正装置を使用しているときは歯の汚れがたまりやすくなり、そこから虫歯や歯周病に発展してしまう場合があります。そうなると一度矯正治療を止めて治療しなければいけない、ということも起こりえます。普段から歯を磨いているといっても、矯正装置をつけた場合の磨き方は別ものなので、しっかり説明を受けるようにしましょう。


ここで紹介したのは、あくまでもわかりやすい例です。もっとむずかしいものを含めれば、矯正歯科のリスクにはさまざまなものがあります。治療を受ける前にどのようなリスクがあるのかを、しっかり確認するようにしましょう。それさえできていれば、問題なく治療を受けることができ、安心してきれいな歯並びを手に入れられるはずです。