歯の矯正の時期は?

ホームへ戻る >  設計事務所で働きたい  > 歯の矯正の時期は?

歯の矯正の時期は、小さい頃から行うことが一番なのですが、管理をするのがとても大変でもあり、親も子供も嫌な思いをすることが多いものです。大人になったからと言って悪いということもありません。逆に大人のほうが、自分の口の中を管理することが出来ますし、歯の矯正の時期が長くなってしまっても自分の意思で続けることが出来ます。矯正は、数か月で出来てしまうものではありません。2年ほどの治療が掛かってしまいます。歯磨きをこまめに行わないといけませんし、歯の異変にも本人であれば気が付くことも早いものでしょう。子供の時期から歯並びがコンプレックスだったのを大人になってから治す人も多いものです。

外側に金具を付けることをお洒落に楽しむことも出来ますし、歯の内側から矯正をすることによって見えないようにすることも出来ます。マウスピースの形をしているものもありますから、歯の矯正の時期に合わせて先生と相談をしてみましょう。自分にあった治療方法を見つけることが出来ることでしょう。もちろん、小さいうちから矯正をすることが一番です。骨の形が出来上がってしまう前に、歯の矯正をしてみましょう。治療を開始するのには、時期は早いほうがいいものですよ。かみ合わせを治すだけでも身体の調子が変わってきます。自分の歯は、一生、使っていくものですから、大事にしていきましょう。