ラミネートベニアって何?

ホームへ戻る >  設計事務所で働きたい  > ラミネートベニアって何?

ラミネートベニアとは、白い歯ときれいな歯並びを同時に叶える歯の治療法です。前歯のすき間が気になったり、歯の変色や歯並びの治療をしたい場合に歯科でその歯の表面を少し削り、薄いセラミックスをはり付ける方法です。歯の矯正治療と比較すると費用も安く済み、治療の時間もかかりません。このラミネートベニアは虫歯や歯周病などで使うクラウンと呼ばれるかぶせ物とは違い、歯が黒ずんでいたり歯のすき間が気になる方のための治療方法のひとつです。主に前歯を対象としていますが、もちろん前歯以外にも治療は可能です。


ラミネートベニアの治療方法は治療する歯の表面を薄く削り、その歯の型を取ります。そして歯科技工士がセラミックスでその歯を製作し、削った歯にこのラミネートベニアをはり付けるだけの、比較的簡単な治療方法です。矯正治療のように治療に長い時間が必要ないので、仕事などで長期の通院が難しい方には向いています。また歯の矯正装置を着用するのがどうしても苦手な方にも、その苦痛がない治療法といえます。

ラミネートベニアに使われるセラミックスは、歯のエナメル質に近い強度があり、強い衝撃や衝動を受けない限り、欠けたりすることもありません。また歯の色も天然の歯に近い自然な色で、変色や変質の心配もありません。ラミネートベニアは保険が適用されない自費治療で歯科医院によっても若干違いますが、だいたい1本約10万円です。ただ、すでに虫歯の歯や歯の治療がされている歯の中には、このラミネートベニアが使えないこともあります。また元の歯が極端に変色している場合は、セラミックスが薄いために思ったほど白くにならないことがあるので注意が必要です。