設計事務所で働きたい

ホームへ戻る > 設計事務所で働きたい

ラミネートベニアって何?
歯の矯正の時期は?
歯医者でフッ素塗布
矯正歯科を利用する前に
矯正歯科のリスクについて考えよう

設計事務所で働くにはどのような準備をすればよいのでしょう。実際の採用条件や、採用されてから取得する資格や業務に関する基本知識を簡単にご紹介いたします。


設計事務所とは、建築士により、依頼主の意向に応じて設計及び工事管理を行い報酬を得ます。設計事務所としての業務を行う場合は、事務所の所在地を登録する義務があり、登録事務所名、登録事務所の種類(1級、2級木造)、登録都道府県、登録番号、開設者、管理建築士名、有効期間年月日が明記された看板を設置することが義務づけられています。


そして開設者建築士または建築士を雇用して設計事務所を開設します。


建築士は一級建築士(国家資格を持つ者)、二級建築士(木造建築士の資格を持つ者)、構造一級建築士、設備一級建築士(一級建築士の中でも構造、設備に関する5年間の専門的な実務経験があり、所定の講習及び考査を終了した建築士)※設計業務が行えるのは登録事務所に所属し、登録して3年ごとに資格に応じた講習を受けて考査を終了した建築士でなければなりません。

また、事務所には、資格に応じた専任の建築士が管理しなければなりません。 建築士の資格を取得し、3年間の実務経験があり所定の講習及び考査を終了した建築士でなければなりません。


主な仕事は依頼主の予算と要望に応じて建物の設計を行います。規格や敷地調査、打ち合わせを重ね建築する建物を図面として表し、設計図書を制作します。木造建築士や2級建築士は設計するにあたり、建物の規模や構造に制限があります。また、工事が設計図通りに行なわれているかを管理をします。欠陥住宅や手抜き工事を未然に防止する重要な業務で、建物の規模や構造に応じた建築士の資格と設計事務所の登録が必要です。