大工の仕事

ホームへ戻る >  床免震構法の建築の特徴  > 大工の仕事

大工大工とは、木造建造物の建築と修理に携わるもののことです。しかしこれだけでは、詳しい仕事の内容が、ほとんどわかりません。具体的な仕事とはいったいどういうものなのか、よい所やつらい所も含めて見てみましょう。


大工の仕事はしっかりとした建造物を作るものです。そのための仕事は、人々の生活にとって欠かすことはできません。主に木造建造物に関わるということですが、鉄筋コンクリートの建物が増えてきた現在では、内装の木造部分を担当します。


大工の仕事は昔ながらの技法を使うものですが、時代の流れとともに電動の工具を使うことも多くなりました。しかしそれは作業を効率化するためのものであって、様々な道具がすべてそうなっているというわけではありません。やはり細かい部分になると、電動工具ではできない微妙な調節が必要になります。

大工の仕事は昔ながらの技法を使うものですが、時代の流れとともに電動の工具を使うことも多くなりました。しかしそれは作業を効率化するためのものであって、様々な道具がすべてそうなっているというわけではありません。やはり細かい部分になると、電動工具ではできない微妙な調節が必要になります。


大工の仕事のよい所は、とてもやりがいのあるものだということです。人に喜ばれるものを作ることであり、自分が作ったもの(携わったもの)が、長い間残ってくれます。さらに色々な技術を組み合わせることで、色々なものを作ることができるので、何かを作ることに面白さを感じる人にはぴったりです。


しかしこの仕事は体力を使うもので、夏や冬は過酷な環境の中で仕事をしなければいけません。作業も安全なものとはいえるものではなく、高所で作業しなければいけないことも多々あります。こういうつらい部分もありますが、それを上回る面白さや楽しさがあるので、多くの人が大工としての誇りを持っているのです。