賃貸物件の一戸建て

ホームへ戻る >  床免震構法の建築の特徴  > 賃貸物件の一戸建て

賃貸向一戸建ては購入するだけではありません。たとえば、賃貸向けに建築されたテラスハウス(いわゆる長屋)や戸建て住宅もあります。また一軒家の家主が転勤等でその土地から離れる際に、期限付きで第三者と貸借関係を結ぶということもあります。賃貸住宅では、自分の思うようにカスタマイズすることはできない場合が多いので、住まう際にはかなり制約が出てきますが、ペットを飼う事や、庭で家庭菜園を手掛ける等を行う事ができる場合が多く、ある程度は自由に暮らせるメリットがあります。マイホームを手に入れるということが現時点では難しい場合には、この様な賃貸物件での一戸建てを探されることも良いのではないでしょうか。

数年間賃貸契約を結んでいた一戸建て住宅が、地主の金策のため、売りに出す前に現在の賃借人に購入を持ちかけるということもあります。この流れで土地と家屋を入手するというケースも多いようです。賃貸向けに建てられた物件以外では、担保物件として銀行等へ差しいれているものもあるようです。大家の急な都合で、突然に退去を依頼されるトラブルも多く見受けられます。


貸借関係を結ぶ前に、担保物件として家屋が差しだされている事実があるか否かをできるだけチェックしておかれることをお勧めします。賃貸の一戸建て物件を探される際には、インターネットでの賃貸物件のポータルサイトなどで条件検索をしてみましょう。思いのほか多くの賃貸一戸建て物件で出会えますよ。