不動産の購入資金は

ホームへ戻る >  床免震構法の建築の特徴  > 不動産の購入資金は

不動産不動産の購入に際しては、様々な費用が生じます。例えば、初期費用としては、売買契約の印紙税をはじめとする各種税金や、ローン契約手数料などを用意しなくてはなりません。さらに、不動産は登記の手数料、業者へ支払う仲介手数料なども必要です。もちろん、引越に要する費用(新調する家具など)の購入費用も準備しなくてはなりません。ほとんどの費用は入居前に現金で支払わなくてはなりませんから、余裕を持った資金計画を心がけてください。


一般的に、上記の諸費用の総額は、価格の3%から5%程度が目安だといわれています。ただし、家電や家具を一新する場合はさらに資金を上積みしたほうが無難です。各種の手数料には消費税もかかるので覚えておいてください。諸費用についてはローンを利用して借り入れすることも可能です。住宅ローン、あるいは住宅金融公庫を活用しましょう。ただし、ローンを組むと定期的な返済が必要になりますから、資金計画はより長期的に組み直す必要があります。

不動産を購入する場合に悩むのが、頭金の金額です。少ない資金で不動産を購入する場合、頭金を減らすと毎月の支払が増えます。対して、頭金の額を増やすためにはまとまった現金を用意しなくてはなりません。即ち、多額の自己資金を注ぎ込んでローンの支払を安く抑えるか、少ない元手で購入して長期的にローンを払い続けるかが問題になります。不動産価格の動向や、金利の動向を睨みながら頭金の額を算出しましょう。