床免震構法の建築の特徴

ホームへ戻る > 床免震構法の建築の特徴

不動産の購入資金は
賃貸物件の一戸建て
一戸建ての法律?
大工の仕事
リフォーム会社に頼む「ペットと暮らすリフォーム」

床免震構法“床免震構法”という言葉をご存知でしょうか?建築物の耐震は大きく分けて、建物全体を地震から守る“建物免震”と、特定の部屋やフロアーだけを地震から守る“床免震”があります。どうせなら家全体を守ることが出来る“建物免震”を選べばいいのではないかと思われるでしょう。確かに建物自体とその中の人や物までも守ることができ、地震に対して最善の耐震方法でしょう。しかし、建物免震にはデメリットとして、在来の工法で建てる建築に比べると格段にコストがアップしてしまいます。他にも建築センターの評定取得が必要となったり、いろいろと手間が掛かります。しかしこの先、耐震対策を何もしていない家に住むのはそれ相応のリスクが生じます。

それに対して“床免震構法”は既存建物にも採用できますし、必要な部屋やスペースのみに耐震性を付加すればいいので、コストも抑えられます。短い期間で施工できるというメリットがいろいろとあります。一部分でも耐震対策をしておけば、もしもの時のための避難場所としても利用出来るので、“床免震構法”を行っている建築物や住宅が増えてきています。


“床免震構法”の中でも“転がり支承”という方法が普及率を上げており、これは円弧レールと車輪を使って地震に対しての減衰力と建物の復元力を得ています。

特徴として、

・積載重量が変わっても免震性能が変動しない。

・また積載物が1箇所に片寄っても、同じく免震性能が変動しない。

・設置が簡単な上に、メンテナンスがほとんど必要なし

といったものがあります。


地震への備えは技術がどんどん進んでいきます。予算面も考慮して建築会社と打合せをするのが良いでしょう。